観光旅行は、仲間同士であれ、家族であれ一人旅であれ楽しいものです。一人旅は気楽で自由をたっぷり楽しめる反面、何から何まで自分で整えなければならないという煩わしさがあります。それが苦にならない人にとっては、一人旅は最高に楽しいものです。一人旅で最も印象に残るのは、自分だけにしか入手できないものを手にしたときです。

これは決して高価なものや希少価値といったものではなく、何処にでもありそうなものでありながら、自分だけにしかその価値がわからないといったものです。海外旅行でこうしたものを手にする機会というのは余りありませんが、国内旅行ではお宝がいっぱい待っています。例えば京都の寺めぐりなどでは、御朱印帳に、住職のサインがもらえるといった幸運にめぐり会えることです。こうしたものは、関心のない人にとっては全く意味がありませんが、住職のサインを集めている人にとってはこの上もないお宝です。

また焼き物で知られた地域での観光では思いがけない優れものに出会うことがあります。ぐいのみなどをまとめて安い価格で提供しているところでは、時として優れた作品が混じっていることがあります。まともに市場に出たらン万円もするようなものが、安売りと言うことで数百円という値段で手に入ることがあります。自分ではその価値がわからなかったけれど、土産品として友人に贈ったらものすごく喜ばれたなどと言うことがあります。

観光にはこうした思いがけない楽しみが沢山盛り込まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です