企業は経営の分析を行うことで、どの部門が強みになっているのかということを把握することができます。やり方として、全体の売上を計算して合計額を出していきそこから売上構成比率を算出していくのです。それによって、どの部門が売上において強いのかということを知ること可能になります。ホテルを運営する企業においても同様で、事業部門別に売上構成を計算していくことで比率を確かめることができます。

企業がホテル事業に加えて、レストラン事業も営んでいたらそれぞれを計算して売上構成比を割り出していきます。そうすることによって、利益の収益構造を割り出すことができるという結果にも直結していきます。また、売上構成比率を調べることによってどの部門を強化すればよいか等を知ることが可能となります。そのため、事業を行ったことによる売上の計算だけでなく構成を把握することも重要になります。

なお、ホテルを運営する会社が売上構成比を計算すると同時に行っておく項目が存在しています。それは、構成比として算出された数字がどうしてそのようなことになったのかということを考えることです。そのため、内部環境と外部環境という視点を導入して考えていく必要性があります。例として、内部環境としては従業員の接客の高さや設備の良さそしてサービス内容の充実を考えることができます。

他方で外部環境としては、景気が上向きであったということや周辺でイベントがあったという要因を挙げることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です