安らぎのオフィスコーヒー
2020年8月12日

コーヒーカップは実はこだわりがある

普段、コーヒーを飲むとき、どのようなコップを使っているでしょうか。

実は、コーヒーもワインと同じくカップによって風味が異なるのです。最近ではコーヒーショップでレギュラーやショートなどの容器に入れてくれます。ホットコーヒーは冷めにくくするため、蓋を閉めたままでも飲めるような工夫がされているものもあります。喫茶店やファミレスのドリンクバーにはコーヒーカップが置かれています。コーヒーの香りを楽しむため、冷めにくくするために飲み口が狭くなっているそうです。紅茶のカップはコーヒーカップとは逆に底は狭く口が広くなっています。これは熱湯で注ぐため、早く冷めるように考えて作られているそうです。

自動販売機やショップ、缶コーヒー、ペットボトルなどいろんな容器で飲み物が販売されていますが、やはり本格的に美味しく飲むためには器からこだわらなければなりません。コーヒーは豆によって、またブレンドによって香りも味わいも変わってきます。本物の味を追求して注文してから、じっくりドリップをする店もあるようです。この時代の若い世代の方々はサイフォンを初めて見たという方もいらっしゃるそうです。コーヒーカップはブランドによってデザインも異なります。繊細な花柄のデザインですと気品溢れる飲み物のような感覚になります。また日本の焼き物に影響されたデザインのカップは手描きで作られ高級なものでは1セットで30万円ほどするものがあるそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *