安らぎのオフィスコーヒー
2020年8月6日

意外と知らないコーヒーカップとティーカップの違い

ご家庭でお茶やコーヒーを飲むとき、どんなカップを使っているでしょうか。

どんな飲み物でも大体いつも同じカップを使いまわしている、という方も多いと思います。しかし、それぞれのカップにはそれぞれに違いがあり、きちんと適した飲み物というのがあるのです。そこで、代表的な2つのカップであるコーヒーカップとティーカップの違いを紹介したいと思います。コーヒーカップはその名の通り、コーヒーを飲むためのカップです。その特徴は、飲み口が狭いという点です。お店などで出されるコーヒーを思い浮かべてみるとわかるのではないでしょうか。これは、コーヒーを美味しく淹れるために熱すぎない80度から90度くらいのお湯を使うためです。ですから、できるだけカップに入れたあとにコーヒーが冷めてしまわないようにコーヒーカップは飲み口が狭く作られていると言われています。

一方のティーカップは、紅茶を飲むためのカップです。この特徴は、飲み口が広く底が浅く作られていることです。こちらもお店で出される紅茶をイメージするとわかりやすいかもしれません。これは、紅茶はコーヒーと違って熱湯で入れることで美味しくなると言われているからです。ですので、カップに入れたあとには飲みやすい温度まで冷めやすいように飲み口が広く底が浅く作られていると言われています。このように、それぞれの飲み物にはそれぞれに適したカップがあります。せっかくの美味しいコーヒーやお茶をよりおいしく味わうために、カップにもこだわってみるといいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *