安らぎのオフィスコーヒー
2020年6月15日

コーヒーメーカーの使い方とコツ

いつもインスタントコーヒーや缶コーヒーなどでコーヒーを楽しんでいる方の中には、コーヒーメーカーの使い方で戸惑っている方もいるかもしれません。

ここでは、一般的なドリップタイプのコーヒーメーカーの使い方を紹介したいと思います。1.フィルターをセットまずは紙のフィルターを装着します。フィルターは、事前にコーヒーメーカーに合うタイプのものを購入しておきます。

フィルターには下と横に、紙同士を圧着している部分があります。まず下の圧着部分を折り、次に横の圧着部分を下とは反対方向に折ります。これによって圧着部分が外れるのを防ぎ、またフィルターとドリッパーを密着しやすくなる効果があります。フィルターとドリッパーが密着していると、コーヒー抽出の最初の工程である「蒸らし」が上手く行き、美味しいコーヒーが出やすくなります。2.コーヒーの粉を入れるセットしたフィルターにコーヒーの粉を入れます。

できれば直前に豆から挽いて粉にしたものを使う方が、味や香りをより楽しめるのでベスト。また、粉は中挽き~中細挽きのものを使うとちょうど良い濃さになります。粉を入れる時は、中央が盛り上がるようにするとお湯の流れが均一になります。粉の量は1杯淹れのときは8~15gほど(コーヒーメーカー付属のメジャースプーンで測ります)。2杯以上まとめて淹れる場合は量を少なめにします。3.水を入れる給水タンクに水を入れます。目安は1杯あたり150mlですが、たいていの場合タンクなどに目盛りが入っているはずです。水の量を調整してコーヒーの濃さを変えることもできます。一般的には、コーヒーは軟水で入れたほうが美味しいとされています。4.スイッチオンあとはコーヒーメーカーのスイッチを入れて、コーヒーが出来上がるのを待つだけです。待っている間にコーヒーカップを温めておくと、コーヒーが冷めにくく、味や香りをより楽しむ事が出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *