安らぎのオフィスコーヒー
2020年5月15日

ドリップコーヒーをより美味しく

ドリップコーヒーは、値段が安いものから高いものまで、いろいろな種類のものがあります。

コーヒー豆によって、香りやコク、酸味や苦味などが異なります。いろいろな種類の豆を試して、自分のお気に入りを見つけるのもたのしいです。そして、購入したドリップコーヒーをより美味しく飲む方法があります。まず、注ぐお湯の温度は、高すぎても低くすぎてもいけません。温度が高すぎると、コーヒーの香りが悪くなってしまいます。

低くすぎると、コクがなく味の薄いコーヒーになってしまいます。なので、ちょうどいい温度は約80度です。注ぎ方にもコツがあります。最初にお湯を注いだら、少し待ちます。少し待つことによって、コーヒー豆を蒸らして、香り高く、コクの強いコーヒーが出来上がります。蒸らしている時に、豆が膨らむと、新鮮な豆の証拠です。2回目に注ぐときは、円を描くように注ぎます。この時も、少し時間を空けてコーヒー豆を蒸らします。そして、最後にお湯を注いだら出来上がりです。

量にもよりますが、だいたい3回に分けてお湯を注ぐのがベストです。ドリップコーヒーを作る時の注意点があります。すべてのお湯を注ぎ終わった後、もったいないからといって、コーヒー豆の入っている紙を絞ったり、揺らしたりして無理やりコーヒーを絞り出したらいけません。コーヒーの味が薄くなるし、臭みのあるコーヒーが出来上がってしまいます。より美味しく飲むコツは簡単なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *