安らぎのオフィスコーヒー
2020年2月29日

コーヒーカプセルは一杯あたりのコスト等も考えて

コーヒーカプセルとは、一杯分のコーヒー豆を挽いた後にすぐにカプセルに真空パックしたものをいいます。

このカプセルを専用のコーヒーマシンに入れて抽出させることで挽き立ての美味しいコーヒーが飲める点が特徴です。また、ドリップコーヒーのように挽いた豆を保存してコーヒーを入れる際に取り出して淹れるものではないため豆の保存状態等で味が変化するリスクが少なく味が安定している点も特徴があります。このコーヒーカプセルは、コーヒーマシンごとに製造され発売されており、どのコーヒーマシンを購入するかによりコーヒーカプセルの選択肢が決まってきます。ですので逆に考えて自分が飲みたいカプセルをまず決定する必要があります。

この点についてどのように考えていけばよいでしょうか。まず自分が飲みたいのがコーヒーだけなのか、それともコーヒーに加えて抹茶なども合わせてのむことができたら飲みたいのかという点を考えるべきです。各コーヒーマシンメーカーでその要望に対応しているものと対応していないものがあるからです。その次に一杯あたりのコストパフォーマンスを考えるべきです。

コーヒーカプセル一杯分を50円から80円程度で提供してくれますが、継続的に飲んでいくものであるためこの差が飲む杯数を重ねるごとに積み重なり結果的に大きな金額の差となります。自分が味の好みとしてどうしても高い方が飲みたいという希望があればそれでよいのですが、味に違いをあまり感じない場合には、このコスト比較をきちんと行ってコーヒーマシン及びカプセルを購入するべきといえるでしょう。
オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *